館長ブログ

名前: admin 作成日: 2011/03/22 16:34
館長のブログです。

投稿者: admin 投稿日: 2021/01/13 13:12

新年を迎え、1月5日から開館しています。翌日あたりに、館長ブログでの発信を予定していたところ、突然1月7日からの臨時休館
が決まってしまいました。昨年末の、「勝負の三週間」が終わっても、全国的には一向に新型コロナ感染が収束する気配はなく、
さらには年末年始の期間中に、全国的な感染拡大は止まらず、ついに1月8日から当面の間、東京はじめ周辺の3都県に
「緊急事態宣言」が発出されました。政府や関係自治体からは、20時以降の飲食におけるアルコール提供の自粛や、テレワーク
による出勤者の削減、時差出勤によるラッシュの緩和などによって、密集を避ける対応を求められています。これらは生活に直結
する内容ですので、実現はなかなか難しく、テレビや新聞によれば前回の全面的な営業自粛の時ほどの結果にはつながって
いないようです。現在、第三波の真っただ中にあっては、従来のマスク着用、手洗い消毒の徹底、3密の回避は必須です。しかし
ながら、今はゴールの見えないマラソンをしているようで、正直自分含め心身とも疲れてきている実感があります。とは言っても、
ここで手を緩めるわけにはいきません。全てのことを「自分事」と考えて、自分だけでなく家族や知人を守るために、すべきことは
徹底していきましょう。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/12/26 11:27

12月25日までに、年賀状をポストに投函すれば、ほぼ元日に配達されるとテレビのニュースが流れていたので、先週の休日に
近くの郵便局に行って 年賀状を購入しました。購入前には、家内と昨年年賀状をやりとりした人数を数えておきました。
年賀状用の専用ソフトがパソコンにインストールされていますので、毎年更新をしています。年賀状を作成する時期には、喪中の
ハガキも届きますので、注意しています。ところで、結構手間のかかるのが年賀状の裏書です。無料のテンプレートや素材が
インターネット経由で入手できますので、その中から好みのものを探します。家内は友人たちに家族の近況を知らせるため、昔は
子供たちの写真を入れていました。しかし、本人たちが思春期になると写真はなくなり、ここ10年くらいは我が家のペットに変わり
ました。そして最近は、二人の孫の写真です。受け取る側にも様々な事情があるので、どうかなと思う時もありますが、自分が
受け取った時に、無味乾燥な年始の挨拶だけよりは、一言書き添えられてあれば嬉しいものです。今年は新型コロナの影響で
知人や親族と合うことも減ったので、元日に届く年賀状が楽しみです。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/12/18 16:13

今年もあと10日ほどで、大みそかを迎えます。例年であれば、日本全国多くの都市で、駅前や大通りを中心に、鮮やかな
イルミネーションが飾られていましたが、今年は新型コロナの影響で大きく様変わりしています。その中でも全国的に有名な
『神戸ルミナリエ』は新型コロナの影響を受け、早々と中止が決定され、地元をはじめ観光客はがっかりしたと聞きました。しかし
現在は既に「第三波」にあるということを聞くにつけ、中止もやむなしと納得するしかありません。また、秋から開始したGOTO
キャンペーンの影響か、首都圏の感染が地方に拡大しているような状況で油断ができません。さて、わが故郷の仙台では
『光のページェント』がどうなるのか、気をもんでいましたが、本日12月18日から年末にかけて、さらに年が明けてから1月上旬
まで、エリアを限定しかつライトアップ時間を短縮して実施されることを聞いて、少しは安心しました。しかしながら、会場に入場
するには感染予防の徹底が求められ、心から楽しむことは難しそうです。夏から再開した野球などの試合では無観客から徐々に
観客を増やし、コンサートなどのイベントは中止が続いています。これから寒さが本格化すると感染拡大が懸念されています。
少しでも新型コロナが収束する道筋が見えてくるためにも、一人一人が自覚を持った行動が求められています。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/11/21 14:56

ここ数日は季節外れの暖かさでしたが、今年の秋はあっという間に終わりに近づいています。日の出がめっきり遅くなり
日の入りは早くなっている関係で、自宅を出て勤務を終え自宅に着くと、既に真っ暗です。冬が近づいてきた最近は、寒さと乾燥の
影響で、新型コロナの感染者数が大きく増え始めています。「第三波」と言われており、今まで同様感染予防対策の徹底が基本
です。
さて、あと10日ほどで12月です。例年、忘年会などの飲み会が週末中心に毎週のように開催されていましたが、今年はすべて
なくなりました。この一年を振りかえってみると、最後の飲み会は1月下旬で、それ以降は2月の計画がキャンセルされてから一度
も実施されませんでした。そんな中、先週大学時代の友人が集まる飲み会メンバーから、近況を知らせるメールが発信されたので
それぞれの現在が判りました。まだ、サラリーマンを続けている者も多く、テレワーク中心の勤務スタイルのようです。メンバーが
そろっての飲み会はまだまだ先になりそうです。
ところで、全面的に解禁したGoToキャンペーンは、最近の感染拡大を受け、増加の原因との風当たりが強くなっています。 
GoToトラベルは、他県への移動を伴う旅行のキャンセルが増え、GoToイートは家族中心に少ない人数を対象にしたポイント
還元にする自治体が増えています。 当分は収束が見えない中、息苦しい時間が過ぎていきますが、根気よく手を抜かずに予防
対策することが、結局は近道なのだと実感する最近です。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/10/31 9:54

先日、JRの乗換駅ホームで通過列車待ちをしていると、目の前に「カシオペア」が現れました。びっくりしました。もう何年も前に
夜行列車としては定期運航をやめたはずなのに...と思って、インターネットで調べてみると、団体専用列車として不定期ですが、
東日本アリアで運行されているのが判りました。残念ながらどのようにすれば乗車できるかは調べませんでした。ふっと、10年
以上前に、北海道に行った家族旅行を思い出しました。その時は、帰りの函館駅から上野駅まで「北斗星」に乗車しました。
函館駅を深夜に出発し、翌日昼前に上野駅に到着しました。函館駅を出ると間もなく、青函トンネルを通過して、しばらくはノン
ストップで走り続けます。最初の停車駅は、仙台だったと思います。時間を追う旅ではなかったので、在来特急に比較しても
ゆっくりした速さでした。深夜に、車窓から見える景色も新鮮でした。夜が更けてくると、家並みから見える灯りも少なくなりあっと
いう間に、漆黒の闇に包まれました。車内も、通路を移動する乗客はなくなり、聞こえてくるのは列車が通過するレールの音だけ
になりました。眠りについてしばらくしてから、外が明るくなり目が覚めました。オレンジ色に輝く太陽が既に登り始めていました。 
夜行寝台列車に乗ったのはこの時だけでしたが、だからこそ鮮明に記憶しているのかもしれません。

投稿者: admin 投稿日: 2020/10/21 14:10

学生生活が終わって、東京に出てきてから40数年です。最初に住んだのが、東京都府中市にあった会社の独身寮です。今では
想像できないような住環境でした。一部屋6畳間で、地上5階建ての建物が3棟ありました。6畳間には2人で住み、たまにある
休日は、ほとんど寮にはいず、夜まで繁華街で時間をつぶしていたように覚えています。また、風呂は大浴場で一日おきしか、
入浴できません。夜10時には給湯は止まります。この時期はバブル真っ盛りで、連日残業と休出でしたので、風呂に入る時には、
日付が変わっていました。そのため、カラン蛇口やシャワーからは水しか出ませんでした。その後、寮を出て公団の賃貸アパート
に移り、所帯を持って数年後に、今の家に引っ越してきました。そして32年が経ちました。越した当時に植えた木々は、自分の
背丈より低いものばかりだったのですが、今は電線に届かんばかりのものもあり、雑木林というくらいの背丈に育ちました。また、
この時期に植えたミカンの木も大きくなり、毎年ではありませんが家族で食べるには余るくらいの実をつけます。この前見てみたら
実もオレンジ色に色づき、そろそろ食べ頃です。今月に入り、記録的な暑さもやっとおさまり、日々秋が深まっていきます。今年は
新しい生活様式が求められ、そしてこれからも続けていかなくてはなりません。そんな中でも、季節の変化を実感しながら、毎日
の生活を楽しんでいきましょう。

投稿者: admin 投稿日: 2020/10/02 9:18

昨日10月1日は「十五夜」でした。雲一つない空とはいきませんでしたが、丸い月を鑑賞することができました。最近は半月前まで
の猛暑も収まり、朝夕は肌寒さを感じることもあって、秋本番を感じる日々です。
さて、先日の日曜日に所用があって、所沢に行ってきました。昼食も終わり、これからどうしようかと考えていたら、久しぶりに川越
に立ち寄ってから帰宅することになりました。一般道を走って、約1時間ちょっとで川越市内に着きました。前回、川越に来たのは
一年以上前でした。最近までは、新型コロナの影響で観光客も少なかったらしいのですが、結構多くの人が行き交っていました。
駐車場に車を停め、まずは「時の鐘」を目指しました。既に時計は14時を回っていましたので、食事のための店先には人は少なく
なっていました。でも、歩きながら食べられるスイーツなどを買い求められるところは、結構混雑していました。特に「時の鐘」周辺
はとても混雑していたので、そのまま裏道に入りました。そこは、人通りもまばらでのんびりした時間が過ぎていきました。すれ違う 
人込みの中に、もう秋なのに浴衣姿の若い女性が多いのにはちょっと驚きました。また、外国人観光客を見かけることがあまり
なく、ここにも新型コロナの影響があるのを実感しました。
ところで、最後になりますが、「小江戸」と呼ばれる場所は川越以外にも2か所あります...
『千葉県佐原市』と『栃木県栃木市』です。 
 

投稿者: admin 投稿日: 2020/09/25 14:19

9月も月末が近づいていますが、ここ数日は雨模様です。台風に刺激された秋雨前線が日本列島に停滞しているためで、全国的
に、雨が降り続いているようです。この時期、昨年は大型台風の影響で関東から東北地方にかけて大きな被害が発生し、現在
でもその爪痕は深く残り、普段の生活に戻れない方も少なくありません。 水不足は困ってしまいますが、水害になれば被害は
大きくなかなか難しいところです。さてこれからは、十五夜の時期ですが今年はどうなるのでしょうか?十五夜とは、ご存知の方
も多いと思いますが、9月初めから10月初めまでの間で、満月になる日を十五夜と言います。今年は10月1日(木)がその日に
当たり、雲無く晴れるといいですね。年によって、十五夜の日が違うわけですから、最大約1か月ばらつくことになります。
今月中頃までは猛暑が続き、夜分エアコンの効いた部屋から出るのをためらってしまいましたが、その頃は秋らしい天候に
なって夜空を眺める余裕もできそうです。今までなら、秋は旅行に適した時期です。コロナ禍の中、先月までは多くの観光地では
閑散とした状況でしたが、GO TOキャンペーンの影響で、少しづつ観光地の人出も増えているようです。 また、秋は食事も
美味しく、お酒も進みます。いつもなら、学生時代の友人や以前の職場の知人と懇親会という飲み会が恒例行事でしたが、
今年は全く計画がありません。家飲みかリモート飲み会で楽しむしかないようです。今まで続いてきた自粛も、少しづつ緩和
されてきていますが、新しい 生活様式の中で、どうしていこうかという模索が続きます。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/09/03 11:52

9月になりましたが、一向に暑さがおさまりません。今年の夏は、自分が東京に来てから最も暑いと感じました。朝夕の通勤時間
も暑さは厳しく、仕事の関係で昼前後に外出した時など、建物を一歩出ると灼熱地獄です。身体中から噴き出す汗は止まりま
せん。信号待ちなどで立ち止まった時には、思わず日陰を探して直射日光を避けてしまいました。まだまだ残暑は続きそうです。
本当に秋が待ち遠しい毎日です。
さて、昨年9月には日本でRWC(ラグビーワールドカップ)2019が開催されました。皆さん、覚えていますか?あれからあっという
間に、一年が過ぎてしまいました。 RWCが開催されるまでは、ラグビーは日本においてメジャーなスポーツとは言えませんで
した。しかし、大会期間中は日本が対戦する試合を中心に、試合会場はほぼ満員になり、地上波放送もされたため、国内はおお
いに盛り上がりました。この人気が定着するのかどうか関心を持ったのですが、新型コロナの影響でトップリーグなど大きな試合
は全て途中から中止になってしまいました。これから冬にかけて、ラグビーシーズンが本格化しますが、感染拡大の状況如何で
先は読めません。既にシーズンが開幕しているプロ野球やJリーグも観客を大きく減らして実施しています。今年のスポーツ界は
大きく様変わりしています。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/08/27 9:41

新型コロナの影響で、感染拡大前に比べれば、いくらか空いている電車で通勤していますが、今は夏真っ盛りです。先週のお盆
休みをはさみ、例年であれば日本全国でたくさんのお祭りが開催されていましたが、今年は一変しています。ここ板橋でも毎年
実施されている花火大会は、2020東京オリンピックパラリンピックを考慮して、当初5月実施予定でしたが、これも中止となって
しまいました。やはり多くの人出が見込まれる花火大会もほとんどが中止になったようですが、打ち上げ場所を事前に知らせず、
ゲリラ的に数少ない花火を打ち上げるイベントが時々実施されていました。結局、夏らしいイベントは何もない状況でした。
さて、自宅近くの公園で開かれる「盆踊り大会」も早々と中止が決まり、櫓を組んでいた場所は、いつも通りの光景でした。
多くの日本人は祭り好きでしょうから、準備から撤収を含め、季節を感じていました。新型コロナの終息が見通せない中、あと
数日で8月が終わり9月になります。秋らしい清々しい天気を期待したいところですが、残暑が厳しいとの予報が出ています。
熱中症に気を付けて、 この猛暑を乗り切りたいものです。
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>