館長ブログ

投稿者: admin 投稿日: 2018/02/15 9:47

2月に入って立春が過ぎると、少しづつですが昼間は温かい日々が増えてきました。それでも朝晩はまだ寒さが厳しいので、 
街並みをのんびり散策するには時期尚早のようです。 
さて、仲町ふれあい館に電車を使って来館するには、中板橋駅か大山駅を利用 していただくことが多いと思います。大山駅には 
アーケード街として有名な「ハッピーロード大山」が隣接しています。先日、所用があって区役所に外出した後に、「ハッピー 
ロード大山」を通って仲町ふれあい館に戻ってきました。 「ハッピーロード大山」には、ご存じのように多くのテナントがあります。 
例えば、銀行などの金融サービス、手軽に食事のできるグルメ・フード、流行のファッション、便利な生活雑貨などなど、多岐に 
わたり軒を並べています。いつも往来は買い物客など多くの人で賑わい、活気に溢れているようです。当日は散策などする 
時間もなく、どこにも立ち寄らずにふれあい館に帰ってきたのは、ちょっと残念でした。地方では人口が減ってきたために、
昔からのアーケードにあったテナントが閉店や移転して、所謂『シャット―通り』 と呼ばれるところが増えている現在、
「ハッピーロード大山」の今の状況は嬉しく感じています。これから春を迎えますので、休館日などを使ってのんびり散策して
みようと思っています。

投稿者: admin 投稿日: 2018/02/01 16:48

新年を迎えて一か月が過ぎました。厳しい寒さが連日続いています。電車で通勤していますが、早朝の寒さは身に沁みます。
先週の初めには、都内でも20cmを越える積雪となり、さらには氷点下4℃の最低気温を記録した日もありました。 道路に残った
圧雪も一週間が過ぎて、やっと消えてきたようです。連日寒い日が続く中、自宅で食べる冬の定番と言えば、やっぱり鍋が
主役です。キムチ鍋、豆乳鍋、ちゃんこ鍋などが代表的ですが、日本各地には特徴ある鍋もたくさんあります。
北から、石狩鍋(北海道)、きりたんぽ鍋(秋田)、セリ鍋(宮城)、あんこう鍋(茨城)、カニ鍋(福井)、みかん鍋(山口)そして
水炊き(福岡)などなど。まだまだこれら以外にもたくさんの鍋があるようです。仙台出身の自分としては、『セリ鍋』がここまで
全国的に名が知られるようになったのは、正直驚いています。セリは、冬の野菜としておひたしなどが中心の食材でしたが、
多くの人達に食してもらえるようにと、鍋の材料になったようです。セリのシャキシャキ感が食欲をそそります。
まだまだこたつが重宝するこの時期、大勢で鍋をつつきながら寒さを忘れたいものです。でも、お互いに飲み過ぎには注意です。 
 

投稿者: admin 投稿日: 2018/01/25 8:50

東京では4年ぶりの大雪だったそうです。月曜日22日の昼前から関東地方では本格的な雪になり、都内23区でも深夜まで
降り続きました。積雪が20cmを越えたところもたくさんありました。夕方の帰宅ラッシュ時には、既に交通機関にも乱れが発生し、
主要なターミナル駅では多くの乗客で混乱が発生し入場規制などにより、深夜まで影響が出ていました。偶然、仲町ふれあい館
は毎週月曜日が休館日であるため、私用は午前中に終わらせて昼過ぎには自宅に戻っていたので、雪の影響はほとんど
ありませんでした。
ところが、翌朝は大変難儀しました。いつもより早く自宅を出て、始発のバスを待っていたのですが、遅れていた上に満員でした。
最寄駅までいつもなら15分で着けるのですが、雪の影響で倍以上かかりました。また、電車も徐行運転が続き、結局ふれあい館には8時過ぎに着きました。
その後、開館時間までに職員総出で建物周辺や駐輪場などの除雪をしたので、いつもののように来館者を迎えることができ
ました。残念ながら雪の影響で、来館者は少なかったのですが、終日事故なくご利用いただきました。ふれあい館の閉館後に
最寄りの中板橋駅まで 帰宅のため歩いたのですが、かなりの場所で 除雪がされていなく、圧雪と凍結している場所がかなり
ありました。それぞれにいろいろ事情はあるとは思うのですが、こんなところにもご近所や隣同士で声を掛け合い、助け合うと
いう気持ちが薄れてきているんだなあと、考えさせられる一日となりました。 

投稿者: admin 投稿日: 2018/01/07 15:34

「ヤ・エ・チ・カ」って聞いたことがありますか?『東京駅八重洲地下街』を略して、「ヤ・エ・チ・カ」と呼ぶのだそうです。東京駅は、
ご存知のように新幹線はじめJRや私鉄だけでなく、地下鉄など多くの路線のターミナル駅として、旅行や出張そして通勤に利用されています。東京駅には、大きな地下街があることはご存知だと思いますが、食事をしたり土産物を調達することが主で、目的もなくテナントなどを見て歩くことは、なかなかないと思います。先日、東京駅で乗り換えまでに時間があったので、あらためて
「ヤ・エ・チ・カ」を散策してみました。まず、目につくのが、レストランや定食屋それにラーメン店などの食事処です。ラーメンにしても、地元の東京名店のラーメンはもとより、札幌ラーメンはじめ地方のラーメンが味わえますし 、和風洋風そして中華料理も楽しめます。土産物も、地方の名産品まで手に入ります。また、それら以外にも、ヘアカットショップ、ネイルサロン、マッサージ店、多くの日本酒が楽しめる立ち呑み屋、簡単に写真プリントができるお店など、本当に一日いても飽きないエリアでした。地下街ですから、雨などの天気も全く気になりません。通路は広く、自分のペースで気兼ねなく歩けますし、疲れたら喫茶店などに立ち寄って
コーヒーを飲んでゆっくりできます。時間を見つけて、是非地下街に足を運んでみて下さい。驚くような発見があるはずです。 

投稿者: admin 投稿日: 2017/12/26 10:20

今年もあと数日で終わります。夏は例年にも増して暑い日が続き、9月になっても残暑となり、秋らしい天気はあっという間に
終わり、冬を迎えたように思います。今年の冬の予想は、当初暖冬とのことでしたが、最近は朝晩中心に寒さは厳しく、早朝の
通勤には結構つらいものがあります。
話題は変わりますが 、皆さんは献血というとどんな印象でしょうか?注射針が痛そうだとか、血を見るのが怖いとか、経験のない
人には、なかなかハードルが高いのかもしれませんが、実際に献血してみると、痛みなどはのほとんどなくあっという間に終わり
ます。かくいう自分も、数年前までほとんど献血などしたことはなかったのですが、あるきっかけで献血を再開しました。それは、
家族の中に病院に就職した者がいて、特に冬場になると血液不足になることを聞いたためです。少しでも役に立つのであれば
という思いが強くなりました。最近も、池袋駅近くの献血ルームで献血してきました。場所によっては19時近くまで受け付けて
くれます。常設の献血センター(今は献血ルームと呼ばれています)が、都内には約20か所ありますし、移動式の献血バスも
あります。献血によって、自分自身の健康管理もできますし大変便利です。
まずは、近所の献血ルームに立ち寄ってみませんか? 

投稿者: admin 投稿日: 2017/12/08 17:08

先月月末の某日夕方から、今年最初の忘年会がありました。以前の会社の同期入社メンバーが参加の忘年会です。まだ、
現役で働くメンバーもいましたので、開始時間は19時からとし、場所も集まりやすい東京駅近くのビルにある、和風居酒屋で
した。メンバーには、既に現役を引退し第二の人生として、成田国際空港で海外からの観光客に対してバス乗り場や都内までの
電車乗り換え案内などをボランティアでしている者、新たに就職することを目指して資格取得に挑戦している者、一方、リタイア
後は自分の好きなことをエンジョイしている者、離れて暮らす母親のことで悩みを抱えている者、等様々です。
ところで、開始時間を過ぎても現れないメンバーが一人いたのですが、メールで約20分遅れるとの連絡が入りました。電車に乗り
遅れたのかなと話しながら、忘年会をスタートしました。すると、本人が間もなく現れ、遅れた理由を聞いてちょっと驚きました。
何と、自宅(千葉県我孫子市)から東京駅まで歩いてきたとのこと。自宅を午前10時に出発して、約8時間かけて東京駅に着いた
と言うのです。距離にして約40km、万歩計で5万歩を軽くオーバーしたらしいです。歩くことで健康を維持していることは勿論で
すが、電車などで移動するときに見る景色と違う発見があって楽しいよ、と話していました。
ここまでのウォーキングは無理ですが、時々は通勤の際に一駅手前で下車して歩いてみることから実施しようかなと考えました。 

投稿者: admin 投稿日: 2017/11/28 9:41

先日、久しぶりに茨城県鹿島方面の海岸をのんびり歩いてみました。秋も深まり、夏の時期に海辺を賑わいしていた家族連れや
若者たちはほとんど見かけることはなく、波乗りを楽しむサーファーもめっきり少なくなっていました。海岸線では、波消ブロックに
寄せる波はとても静かでした。
数少ない趣味の一つに海釣りがありましたが、最近はすっかりご無沙汰です。自宅から車で1時間ちょっとで海釣りできる堤防に
いけます。約10年前までは、冬のとても寒い時期をのぞいて、月に2~3回くらいは週末に釣りに出かけていました。釣果を
期待してというよりは、のんびり釣り糸を垂れて、水平線を眺めて時間を過ごすことが目的でした。そうは言っても、時々は
それなりに釣れることもあって、楽しめました。釣果のあった夜は、釣った魚を酒の肴においしくいただきました。
ところで、「釣り」はじっとしているというイメージがあるかもしれませんが、実際はそうでもありません。釣れなければ、釣り座を
頻繁に変えますし、エサもまめに変えます。さらに、魚を寄せるために釣竿をしゃくる(上下に振る)ことも必要です。堤防の釣りは
最近の海難事故の影響で、立ち入り禁止になる堤防が増えてきたため、少なくなってきています。残念ですが仕方がないことと
割り切っています。主な釣果としては、春はメバルやイシモチ、夏はアジ、キス、ヒラメ、秋はイカ、サヨリ、冬はカサゴ、アイナメ
などが代表的です。この冬をすぎ、春を迎えて暖かくなったら、海釣りを再び始めてしてみようと 思っています。

投稿者: admin 投稿日: 2017/11/16 11:49

11月も半ばを過ぎ、一日一日冬将軍が近づいています。仕事帰りの空はすっかり暗くなりましたが、自宅に帰ってからの晩御飯
は楽しみです。この時期は、おでんや鍋など温かいものが増えてきます。おでんには、やはり熱燗の日本酒が ぴったりですが、
暖かい部屋でキンキンに冷えたビールを飲みながら鍋をつつくのも、なかなかです。最近はいろいろな種類のお酒が飲めますが
全体的にはビール消費量は減少してきているようです。それでも、やはり我々の年代ではビールに人気があるような気がします。
ところで、国内の都道府県で生産量第一位はどこかご存知でしょうか?実は、自分の住んでいる「茨城県」が第二位の大阪府を
大きく引き話して第一位です。県内にはシャアトップを競う、K社とA社の大きな工場がそれぞれあり、その影響が大きいようです。
ビール工場に限りませんが、立地条件としては、首都圏など大きな消費地と隣接するロケーションと、新鮮な水が重要です。
これらを茨城県は満足しているためなのかなぁと思っています。
また、地ビールと言われる地方ごとに個性溢れるビールも、日本全国で飲めます。それぞれの地方で、特徴あるものに仕上がって
いて、旅先などで食事と一緒にいただくことも少なくありません。旅の楽しみの一つです。
どちらにしろ、お互いに飲み過ぎに注意して、楽しいお酒にしたいものです。 
 

投稿者: admin 投稿日: 2017/11/08 15:29

11月に入ると、紅葉前線は関東でも山々から平野に移ってきます。紅葉狩りのために、わざわざ遠くの観光地に外出しなくても
近場の公園や森林などで、十分紅葉は楽しめます。イチョウやブナの葉が色鮮やかに、黄色や赤色に染まっていきます。
朝晩はずいぶん冷え込むこともありますが、晴れた日中は快適に過ごすことができます。
さて、11月の平日で休みになった日に、家内と自宅からそれほど遠くなくい、つくば市郊外の筑波山の麓にある手打ち蕎麦屋に
行ってきました。その店は、地元だけでなく結構遠方にも有名で、家内も親しい友人から紹介受けたと言っていました。土日の
休日には、昼食時1時間待ちは当たり前くらいに繁盛しているそうです。その店までは、自宅から車で1時間弱くらいでしたが
つくば市内の道路わきの街路樹もきれいに色づき、気持ちよくドライブできました。蕎麦屋に着いたのが、開店直後の11時半
過ぎでしたが、既に3組ほど入店していました。席に案内された後、家内は温かい鴨ざる、わたしは冷たい野菜天ざるを注文しま
した。評判に違わず、蕎麦にはしっかり腰があり、おいしくいただきました。車の運転がなければ、日本酒を一献傾けるところ
でしたが、今回は断念しました。次回は大盛りに挑戦してみようと思います。
 

投稿者: admin 投稿日: 2017/10/15 9:37

ふれあい館は毎週月曜日が休館日ですが、それ以外は開館しています(年末年始を除いて)。そのため、土曜日や日曜日に
出勤することも多く、平日とほぼ同じ時間帯に電車を利用しています。平日に比べ、土日はサラ―リーマンやOLが少ないため、
車内の光景は全く違っています。例えば、大きなスーツケースを足元に置いてシートに仲良く座っている老夫婦、有名な遊園地
のパンフレットをのぞき込んでいる若いファミリー、練習試合に向かうジャージ姿の中高生たちなどで、車内は結構混み合って
います。それでも、平日朝の通勤ラッシュほどは混んでいないので、車窓から沿線を眺めることも多くなります。ここ数日は、秋の
長雨ですっきりしない天気が続いていますが、それでも雨に煙るビル群やビルの谷間の公園などを見ていると、何となく気持ち
が落ち着いてきます
これからは日に日に秋が深まり、有名観光地は勿論、市街地の街路樹も紅葉が始まります。帰宅の頃は、ほとんど夕闇に
包まれてしまいますが、窓からこぼれる部屋の明かりが仕事に疲れた心を癒してくれます。短い秋を堪能しましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 >>