館長ブログ

投稿者: admin 投稿日: 2020/07/10 9:40

連日雨模様の天気が続いています。梅雨前線が停滞しているため、今年の梅雨明けは遅そう
です。この長雨の影響で、九州から中部地方にかけて豪雨被害も多く発生しています。
さて、緊急事態宣言が解除されてからの通勤電車は、半年前とほとんど変わらない混雑で、
テレワークが浸透しているなどというニュース記事など信じられません。車内は湿気が多く、
感染予防のための窓開けで空調もあまり効きません。梅雨明けが待ち遠しい日々です。
現在も新型コロナウィルス感染防止の為、県境を跨いでの移動には制約もあり、旅行などの
不要不急の外出は出来るだけ控えています。梅雨が明ければ本格的な夏となり、従来で
あれば今年も「夏の風物詩」を楽しめるはずでした。夏の風物詩の代表的なものは、『花火
大会』『祭り』『海水浴』などが頭に浮かんできます。ほとんどが中止であったり、延期になり
ました。ここ板橋でも、例年8月に開催されていた「花火大会」は、2020東京オリンピック
パラリンピック開催に配慮して、5月に前倒し予定していましたが、新型コロナの影響で中止
になってしまいました。これから徐々にではありますが、大規模イベント自粛も緩和され開催
されるようですが、今までの日常に戻ることは難しいのでしょう。そんな中、来年の夏の
風物詩はどんな形になるか想像できませんが、制約ある状況でも、楽しめるようになって
いて欲しいと思っています。
 

投稿者: admin 投稿日: 2020/06/19 10:22

3月2日から約3か月半休館が続いていましたが、全国的な営業自粛要請が解除されたことを受けて、6月17日から仲町
ふれあい館は開館しました。長い間休館していましたので、お電話などでたくさんのお問い合わせもいただきました。開館の
初日には、いつもの常連の方もいらっしゃって、お元気な姿を拝見して安心しました。しかしながら、新型コロナウィルスは終息
の目途が立った訳ではなく、これから長い期間は共存していく生活が続きます。そこでは、新しい生活様式が求められて
います。「3密」を避けるために、ふれあい館内ではマスクを着用して、大声での会話は控えて、長時間の滞在は避けて下さい。
ご不便をおかけし、窮屈に感じてしまうと思いますが、自分自身はもちろん、知人やご家族の健康を守るためです。
6月になり、梅雨入りした今、雨に濡れる紫陽花も一時の清涼剤に感じます。梅雨が明ければ、真夏の暑さがやってきます。
季節は確実に変わっています。自然の変化を感じながら、新しい生活を実践していきましょう。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/06/03 13:26

5月31日までの臨時休館が、さらに6月も継続されることになりました。ふれあい館の開館を楽しみに自宅で過ごされていた
利用者の皆様もがっかりされていると思います。我々職員スタッフも皆様にお会いできることを楽しみにしておりました。
しかしながら、新型コロナウィルスによる感染者数は、概ね減っては来ましたが、ここ数日は増える傾向が見えてきて、ついには
東京において「東京アラート」が発令されました。これまで以上に、手洗い・うがい・3密防止・ソーシャルディスタンスを心掛けて
スーパーなどでの買い物も人出の少ない時間帯を利用するなど、新しい生活様式の徹底が求められています。また、朝晩の
通勤電車は緊急事態直後は混雑もありませんでしたが、最近は以前とあまり 変わらず混雑しています。不要不急の外出は
避けてはいるのでしょうが、感染の第2波が気になります。昨日、プロ野球のオープン戦がスタートしました。今月中旬には、
に開幕戦が予定されています。暗いニュースばかりですが、これからサッカーなどいろいろなスポーツも始まります。新しい生活
様式の中で、スポーツや文化を楽しみたいものです。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/05/24 14:33

5月がもうすぐ終わります。新型コロナの影響で、4月上旬には全国で「緊急事態宣言」が発令されました。その後、5月14日に
39県で解除、そして先週は大阪はじめ関西3府県で緊急事態が解除されました。残った東京はじめ5都道県は明日決定される
そうです。しかしながら、緊急事態が解除されたからと言って、今までの日常に戻る訳ではありません。新型コロナ感染を防止
するための新しい生活様式を実行することが必要です。マスク着用、手洗い励行、3密回避等、自分だけでなく家族や大事な
人を守るために、これらは生活の基本です。
今、テレワークを併用していますので、ふれあい館には週2~3日に出勤しています。通勤電車の車窓から見える景色は新緑が
鮮やかになってきました。自然は季節の移り変わりを教えてくれます。これからの毎日を一日一日大事にしていきましょう。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/04/25 8:53

このブログ更新ができずに、約2か月が過ぎてしまいました。ご承知のように、3月に入り新型コロナ感染の影響で板橋区内の
全てのふれあい館が臨時休館になりました。それを受けて、ふれあい館HPの更新、利用者皆様へのご連絡ご案内、講師
はじめ関係者との調整等で慌ただしい毎日でした。特に講座の参加予定者には全員にお詫びを兼ねてご連絡させていただき
ました。これらが一段落して、4月からの開館を予定していましたが、4月末までの臨時休館が延長され、さらに現在は5月6日
まで再延長されています。一方、テレビなどでは新型コロナ感染者数の全国的な増加が報じられ終息の見えない中、来週からの
連休を間近に控え、政府や各自治体からは、旅行や帰省などの移動はもちろん、生活用品の買い物などの外出もできるだけ
控えるようにとの強い要請が出ています。利用者の皆様も生活に大きな不便を感じていると思います。来館者がいない
ふれあい館は私たちにとっても非日常で、業務をしていても違和感を感じています。しかしながら、今は感染拡大を防止する
ため、不要不急の外出を避けるなど一人一人の行動が大事です。それが自分自身を守るだけでなく、大事な家族や知人を
守ることに繋がります。朝の来ない夜はありません。自身の健康管理に努め、新型コロナに打ち勝ちましょう。
皆様とふれあい館でお会いできることを楽しみにしています。 

投稿者: admin 投稿日: 2020/03/08 9:26

今月の初めから、仲町ふれあい館は臨時休館となりましたので、利用者の皆様にはご不便とご迷惑をおか
けしています。これは2月以降の新型コロナウィルスによる疾病発症する人数の増加に伴い、特に高齢者が
利用する施設を休業にして、拡大を防ぐためです。ふれあい館利用者皆様の健康第一を最優先に考えての
対応です。今のところ、3月30日まで臨時休館を予定しておりますが、感染状況の変化によっては見直しも
予想されますので、ポスター掲示やHPなどでの確認をお願いします。休館が始まって一週間が過ぎまし
たが、当初数日間は一日当たり数件の電話問い合わせがありました。こちらからのご説明に、ほとんどの
方がご理解いただきました。現在も、なかなか収束に向けての状況が改善されない中、自分も含め自身で
できる対策を徹底することが大事です。うがい手洗いの励行、なるべく人込みを避け、マスク着用を忘れ
ず、部屋などの換気が効果ありとのことです。職員一同、仲町ふれあい館再開に向け、各種備品や設備の
メンテナンスをしてお迎えする準備をしています。

投稿者: admin 投稿日: 2020/02/25 12:07

先月、家族旅行で訪れた茨城県北部に位置する常陸大宮市では、広域にわたり、昨年秋の
台風19号による影響が甚大でした。移動の車窓からも、多くの惨状を目の当たりにし、本当に
大変な状況だったことをあらためて痛感しました。既に3か月 以上が経過しているにも
かかわらず、市内や近郊にはたくさんの爪痕が残っていました。
茨城県水戸市と福島県郡山市を結ぶ「水郡線」では、一部区間で不通が続き、バスによる代行
輸送が続いていました。そのため、通勤通学だけでなく、生活への影響も出ているそうです。
また、市内各所では堤防決壊による床上浸水した家屋も多く、被災前の生活に戻るには多くの
時間が必要だと感じました。最近は、日本だけでなく世界中のいたるところで災害が多発して
いて、人間の力ではどうしようもないことかもしれませんが、「Self Help」の精神で被害を
最小限に抑える備えは常に心がけたいと思います。 
 

投稿者: admin 投稿日: 2020/02/02 8:58

先月下旬に、二日間の連休があったので、妻と旅行に行ってきました。事前にいろいろ調べた
りしていなかったので、近場の観光地にしました。一日目は那須、二日目は茨城県奥久慈に
しました。那須方面には、いつも加須インターから東北自動車道を利用して那須塩原インター
で一般道に乗り継ぎますが、今回は時間もあったので、自宅から国道を北上してみました。
新緑や紅葉の季節ではないため、あまりいい景色ではありませんでしたが、空気は澄んで
いて、移動中には遠くの山々がはっきり見えていました。自宅から約3時間で那須に到着、
まず初めに必ず立ち寄る「藤城清治美術館」を訪れました。藤城清治は、日本でもっとも有名
な影絵作家です。前回は約一年前に訪れていて、今までで5回以上は入館しています。
今回もそうでしたが、いつも感動を覚えます。モノクロの初期の作品からフルカラーの
鮮やかな作品まで、鑑賞しているとあっという間に時間が過ぎていきます。東日本大震災直後
に現地を訪れて作り上げた作品もあり、息をのむ瞬間もありました。もう少し鑑賞していたい
気持ちを抑えて、宿泊先の奥久慈に向かいました。途中、袋田の滝に寄ろうかと思いました
が、例年であれば見事な氷瀑に圧倒されるのですが、今年は暖冬の影響で、氷の芸術が
見れないようでしたので、早々にホテルに入りました。翌日は、ゆっくり車で移動して、大洗に
ある「おさかな市場」で買い物しました。多くの鮮魚店が軒先を並べ、元気な呼び込みの声が
聞こえて きました。値段交渉を楽しみながら、新鮮な刺身やシラス干しを買い求め、自宅に
戻りました。

 

投稿者: admin 投稿日: 2020/01/17 8:44

昨日、時々利用しているクレジットカード会社から、月一回発行される少し厚めの雑誌が届きました。その中の別冊に今年から
かもしれませんが、1月から2月にかけて記念日を紹介する頁がありましたので、何気に覗いてみました。ほぼ毎日、何らかの
記念日があるようで、その中で目を引いたものは次の通りです。1月18日は都バス開業の日、22日はジャズの日、25日は
日本最低気温の日、そして31日は『愛妻の日・愛妻感謝の日』だそうです。2月2日が「夫婦の日」であることは、多くの方が
ご存知だと思います。その数日前に『愛妻の日・愛妻感謝の日』があったことを知りませんでした。何故、この日に設定された
かは分かりませんが、あまり詮索せずあらためて妻に感謝気持ちを持ち続けたいと思いました。
ところで、「夫に対する特別な日」があるかどうかは、調べるのをやめました... 

投稿者: admin 投稿日: 2020/01/05 14:09

全国的に穏やかな年末年始となりました。大荒れの天気になることなく年越しができましたが、昨夜遅くに都内では霙を観測した
ようで、これが初雪だそうです。昨年よりちょっと早めだそうですが、途中で雨に変わったため、道路には何も残っていません
でした。ふれあい館は昨日から開館していますので、本日が二日目になります。まだまだ松の内ですので、来館される利用者とも
新年あいさつをさせていただいています。初日はやはり利用者は少なめでしたが、本日あたりから多くの利用者で賑わい始めて
います。今日は日曜日ですので、本格的な仕事始めは明日の月曜日からでしょうから、通勤電車もガラガラです。朝の電車に
乗り込み、外を見ると、まだ漆黒の闇ですが、地平線は少しづつオレンジ色の朝焼けが拡がってきました。そして、オレンジ色の朝焼けが空を埋めてくると、漆黒は淡い鮮やかなブルーに変わり、オレンジとブルーのグラデーションが見事です。遠くには東京
スカイツリーが望め、朝の風景に変わります。一息ついて、何気なく車内を眺めていると、通勤客は少なく、スーツケースを持った
家族連れや、ボストンバッグを抱えた赴任先に戻る様子のサラリーマン、都内の有名神社が掲載されているガイドブックをのぞき
込んでいる老夫婦など、さまざまです。静かな時間が流れています。こんな風景に接しながら、新たな一年を迎えましたので
まずは自分の健康に注意して過ごしていきたいと思った一日でした。 

1 2 3 4 5 6 7 8 >>