館長ブログ

10 21

投稿者: admin
2020/10/21 14:10

学生生活が終わって、東京に出てきてから40数年です。最初に住んだのが、東京都府中市にあった会社の独身寮です。今では
想像できないような住環境でした。一部屋6畳間で、地上5階建ての建物が3棟ありました。6畳間には2人で住み、たまにある
休日は、ほとんど寮にはいず、夜まで繁華街で時間をつぶしていたように覚えています。また、風呂は大浴場で一日おきしか、
入浴できません。夜10時には給湯は止まります。この時期はバブル真っ盛りで、連日残業と休出でしたので、風呂に入る時には、
日付が変わっていました。そのため、カラン蛇口やシャワーからは水しか出ませんでした。その後、寮を出て公団の賃貸アパート
に移り、所帯を持って数年後に、今の家に引っ越してきました。そして32年が経ちました。越した当時に植えた木々は、自分の
背丈より低いものばかりだったのですが、今は電線に届かんばかりのものもあり、雑木林というくらいの背丈に育ちました。また、
この時期に植えたミカンの木も大きくなり、毎年ではありませんが家族で食べるには余るくらいの実をつけます。この前見てみたら
実もオレンジ色に色づき、そろそろ食べ頃です。今月に入り、記録的な暑さもやっとおさまり、日々秋が深まっていきます。今年は
新しい生活様式が求められ、そしてこれからも続けていかなくてはなりません。そんな中でも、季節の変化を実感しながら、毎日
の生活を楽しんでいきましょう。

Tags: