館長ブログ

08 03

投稿者: admin
2018/08/03 11:51

仲町ふれあい館の開館前と閉館前には、建物周囲の点検をしています。今年は暑さが尋常でなく、この点検作業も結構身体に
堪えています。連日の猛暑で少々バテ気味ですが 、先日、ふれあい館の駐車場を管理している職員から、珍しい話を聞きました。
建物の周囲には、結構年代がたった植栽があって、敷地内に日陰を作ってくれるので便利です。 その中の結構立派な木の幹の
部分に、鳩が巣を作って抱卵していると、報告がありました。早速その場所に行ってみると、地上から2mくらいの高さの枝分かれ
した幹の部分に枯れ枝や樹皮を集めて作った巣があり、たぶん母鳥らしい鳩がじっと巣の中でうずくまっていました。近づくと
警戒して、小さく鳴きますが巣を離れようとはしません。
翌日、見にいくとほとんど同じ姿勢で巣の中にいました。羽根の模様が変わっていたので、途中でオスと変わるようですが、
交代で抱卵しています。調べてみると、抱卵期間は約2週間程度らしいので、早ければ8月10日過ぎには孵化するかもしれ
ません。うまい具合に巣の周りには、葉が茂っており、猫やカラスなどの天敵から守られているようです。何事もなく、雛にかえる
ことを願って毎日そっと見守っています。

Tags: